2009 年 2 月 16 日

PC-9801F with AT互換機のFDD

Filed under: パソコン,日記 — わぴこ @ 1:04 AM

ある掲示板でPC-9801FならAT互換機のFDDで2DDが使用できるとの
情報を手に入れたので早速実験してみました。

PICで作るREADY生成装置と74LS04

最初は640KBのFDでブートしてみましたがうまくいきませんでした。
720KBのFDでブートしてみると起動したので次の実験です。
640KB,720KBで別のFDをフォーマットしてシステム転送して
PC-486MVのFDDで起動すると起動しました。
スキャンディスクも通りましたし一見問題なく使えるようです。
スキャンディスクの画面が文字化けΣ(゚Д゚;エーッ!

その後もう一度PC-486MVのFDDでフォーマットしたFDを試したところ問題なく使えました。
最初の640KBのFDが使えなかったのは中身が壊れていたからのようです。
(486MVでも読めないところがあったので・・・)

今日の実験はここまでです。

お買い物
どすぱらに行ってきました。(じゃんぱら小倉店は消滅なのでなるべくどすぱらと呼ぶようにします(笑)
録画したTV番組を見ないままたまってきたのでこの際だと思い切りましたΣ(゚Д゚;エーッ!
悪名高い海門(Seagate 壊門??)のBarracuda 7200.11 ST31500341AS 1.5TBを買ってきました!!
人柱になる覚悟で使う予定です。
ファームはCC1Hでした。
「考えてもみよ、我が買ってきたHDDの容量を。わぴこはあと5年は斗える!!」
安全な1TBという手もありますがどうせ買うなら最高容量のものと思い切りました。
というわけでしばらくは500G x2+160G x2でカバーしながらしのぐ予定です。
1320GBを超える分はあきらめるしかないですが。
ロックしてもデータの無事を無視すれば解除する自信が無いわけではないですけど
(MAX232もATS制御機器の製作時に仕入れています。)
初期不良率が高いとの噂もあるので一応バックアップしながらの利用です。
早くHGSTの1.5TBのHDD出ないかなあ・・・WDでもいいや。

あとはジャンクのFDDを大量に仕入れてきました。
YD-702D-6238D DF354N085C FD-235HG D359M3D
JAZZドライブの下はうちにあるD353M3です。
1台20-50円でした。
50円のJAZZドライブも買ってしまいした(爆
メディアが無いので意味は無いのですが・・・
あーもしかしたら一枚だけあるかもしれません。オクで買ったジャンクについてきたような???

ジャンクのDDRSDRAMとRIMMも仕入れましたが当分お蔵入りです。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.508 sec. Powered by WordPress ME