2010 年 2 月 8 日

Lunaを作った人は神!!

カテゴリー: パソコン — わぴこ @ 1:27 AM

最近終末論が囁かれているTWですが・・・
TWの画像ビューワーLunaはすごいですね~~
テチもナヤもピンも抜き出せますね。PNGじゃなくてBMPで保存できれば最高ですが。
私もテクスチャからBMPに変換するプログラムを組もうとしてみたのですが
dtx.zipを解凍したところで詰みました。この先どうすればいいねん。・゚・(ノД`)・゚・。
とりあえずLunaで取り出して加工すれば無敵ですね。めんどくさいですけど。
動かすのも大変そうです。という私の腕では自在に動かすのは無理かも・・・
アニメーションGIFなら透過が出来るのでそれくらいなら何とかなるかも??

久しぶりにパソコン屋に行ってきました。
eeePC 4G-Xが14800円!!! な、なんだってーーー!!!
でも4G-Xなのでやめました(´・ω・`)ショボン 701SD-Xなら買ってました(笑
いやーームラマサのHDDも年末に壊れてしまったのでSSDなマシンが欲しいのですよ。
出来れば激安で(笑)どうせ手荒に扱うので高いのは嫌です。

今日の俺様メモ
1.TWのdtx.zipは最初の4バイトを削ってzlibでuncompressすれば生のデータが出てくる。
 その先どうすれば画像データとして取り出せるのかは不明。

2.0x0000007Bで窓が起動しなくなったときの最後の対処法。
真似すると最悪全データ破壊もありうるので真似しないように。
回復コンソールで不正なドライバのファイルをリネームして正しいドライバを当該ドライバの名前でコピー
該当するドライバはlistsvcあたりで探すと(・∀・) イイ!!
今回はmv61xx.sysが原因で起動しなくなったのでこれを標準IDEドライバ(atapi.sys)に変更
mv61xx.sys -> mv61xx.sys.bak
atapi.sysをmv61xx.sysとしてコピー
で再起動
起動に成功するも設定が全然違うのでめちゃくちゃ遅い。データ破壊は起きていない模様。
起動したところで標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラに変更。
ドライバが複数のファイルで構成されていたらどうなるのだろうか??
ゲームで絵とか音楽を差し替えるのに良く使う手法だけどこんなところで使えるとは・・・

なぜこんなことが出来るか分からない人に解説♪
窓さんは直接ハードディスクコントローラさんとお話できません。
ハードディスクコントローラさんの言葉もハードディスクコントローラさんの居場所もわからないからです。
そこでデバイスドライバさんに仲介を頼むわけです。
ドライバさんは皆窓語とそれぞれの担当デバイス語を話せます。担当デバイスの居場所も知ってます。
窓さんは居場所が分かり言葉が通じるドライバさんに仲介を頼むわけです。
mv61xx.sysもatapi.sysも窓さんと話すときは共通の言葉を使うので
atapi.sysがmv61xx.sysになりすましてもOKなわけです。
簡単に言うとそういうことです。

2009 年 6 月 8 日

FreeBSD 7.2でRSA-PCI2/P4

カテゴリー: サーバー運営, パソコン, 日記 — わぴこ @ 9:35 PM

FreeBSD 7.2でRSA-PCI2/P4を使うにはpucで認識させないといけません。
ということでまずはDEVICE pucでカーネルを再構築。認識しました。
uart0-uart3で認識されます。
しかし通信できません・・・文字化けです。設定は正しいのに文字化けなのでソースとにらめっこです。
前回のことがあったので文字化けは想定の範囲内のことです。

pucdata.cをeeで開きます。
4.11のときとは違っています。適当にそれっぽいところを変更します。

変更前
        {   0x1415, 0x9501, 0xffff, 0,
            "Oxford Semiconductor OX16PCI954 UARTs",
            DEFAULT_RCLK,
            PUC_PORT_4S, 0x10, 0, 8,
        },
変更後
        {   0x1415, 0x9501, 0xffff, 0,
            "Oxford Semiconductor OX16PCI954 UARTs",
            DEFAULT_RCLK * 8,
            PUC_PORT_4S, 0x10, 0, 8,
        },

なぜx8なのかというと
RSA-PCI2/P4の水晶が14.745MHzを16450の基準発振周波数1.8432MHzで割ると約8になるからです。
このへんはWikipediaを読んでください。
もしほかのボードでもFreeBSDで文字化けする場合は基板の水晶の発振周波数を参考にソースをいじるといいでしょう。

俺様メモ
/dev/cuad* sio*
/dev/cuad*.init
/dev/cuau* uart*
/dev/cuau*.init
#stty -f /dev/cuad*.init 9600
動作テスト #cu -l /dev/cuad*
~.[RET]で終了

SCSI
見事に落ちました_| ̄|○リセットかかりまくってました。
これはPCIが悪いのかなあ・・・ボードがちゃんと刺さっていないとか・・・
ケーブルをワイドのものに取り替えて変換アダプタを使いました。ターミネーターもついているので安心??
とりあえずログを載せておきます。
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Data Parity Error has been reported via PERR#
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: PCI error Interrupt at seqaddr = 0xffff
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Signal System Error Detected
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Received a Master Abort
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Received a Target Abort
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Signaled a Target Abort
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: Data Parity Error has been reported via PERR#
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: ahc0: WARNING no command for scb 253 (cmdcmplt)
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: QOUTPOS = 236
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: (da0:ahc0:0:0:0): Synchronize cache failed, status == 0xb, scsi status == 0x0
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: Cannot dump. No dump device defined.
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: Automatic reboot in 15 seconds - press a key on the console to abort
Jun  8 05:33:31 sv1 kernel: Rebooting...

データはたいしたものは壊れてませんでした。
7.2だとfsckのログが残るみたいなのでいいですね。

2009 年 6 月 6 日

再びサーバーを移動?しました

カテゴリー: CMC海賊版, サーバー運営 — わぴこ @ 2:36 AM

前回同居してみましたがシステム負荷が尋常ではなくプチフリーズとか繰り返していたので
サーバー専用機として再構築しました。
テストインストールしていたFreeBSD 7.2の環境を構築してデータを移しただけですが・・・
マシンの都合でi386版にしています。amd64だと壊れたら代替機がないのでお手上げなので(つД`)

Celeronといえども2コアでメモリが大量にあるのでレスポンスはあがったと思います。
CMC海賊版では体感できないかもしれませんがしんせさちではかなり変わったはずです。
しんせさちはPentiumIII 933MHzなのでロボット巡回中なんかは遅かったと思います。
今後はしんせさちで検索で1秒以上かかるのはキャッシュが効いていない場合で
1秒以内だとキャッシュがヒットしていると思ってかまいません。
検索だえもんさんも倍に増やしました。CMCのだえもんさんはすでに4人(違)体制なので増えていません。

CMC海賊版の巡回も30分程度になりました。
巡回は2時間おきにしたほうがいいでしょうか?さすがに1時間おきは余裕が無いので無理です。
23時-02時まではメンテに予約しているのでこの時間は基本的に巡回しません。
クアッドコアならメンテ時間以外は基本的にまわしっぱなしに出来るかもしれません。

とりあえず日記の連続アクセスも耐え抜いたみたいです。いい感じ?

消費電力について考えてみました。
SV1->FMV-7000NA5 液晶を閉じていたので最大50Wくらい
SV2->PentiumIII+RAIDなので最大60-70Wくらい??
新サーバー->65W+20W+HDDで最大100Wくらい?
性能は比較にならないほど上がりましたがお得にはなりませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。

  _,,....,,_
.-"::::::::::::`::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7    _人人人人人人人人人人人人人人_
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7  > ゆっくり検索していってね!!! <
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ   ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ

俺様メモ
rsyncは両方のマシンに必要・SSHD_CONFIG ワンタイム?パスワード・ルートログインを有効化
#rsync -av /usr/home 192.168.0.1:/usr
カーネル再構築->PAE有効
順番->PHP関係は一番最後がいい
MYSQL->4.0.X 4.1以降は仕様変更 4.0ではPHP5-extentionsで失敗する
PHP5のパッケージは不可->PORTSからインストール
#make config-recursive
#make install
データベースはディレクトリごとコピー->オーナー注意->chown -R mysql mysql mysql
バージョンも注意しないと文字化けの原因に。
php5-extentionsは無視して必要な分を個別にインストールしてもいい??
Squid->2.5 ソースからインストール
7.2では/devがシンプルに・・・./MAKEDEV脂肪。シリアルポートってどうやって使うの??

次ページへ »

HTML convert time: 0.299 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp