2009 年 1 月 8 日

はぢめてのPICプログラミング(アセンブラ)

カテゴリー: パソコン, 鉄道 — わぴこ @ 1:39 AM

ATS制御装置も中枢を組む段階にきました。
PC制御だけなら今のままで十分ですけど
PC制御下でしか動作しないのも寂しいですし(笑

PICライターがやっと届いたので早速PICプログラミングをしてみました。
FDDのREADY回路を組んでいたブレッドボードを
ばらしてからPIC用に組みなおしました。
まずはLEDを使った簡単なものからはじめます。
去年あらかじめ作っておいたものをベースにいじってみました。

書き込み・・・成功・・・起動♪
あれっ???動かない・・・
いろいろ見直した結果クロックの設定が悪いのが原因でした。

次に入力のテストです。
ここではまりました_| ̄|○
PICのピンが浮いているときは動作が狂うみたいです。
プルアップしてあげるとうまく動作しました。

これでテストは終了です。
風呂でいろいろ考えていたら今のままではうまくいかないので
ハードウェアの設計から考え直すことにしました。
必要なピン数とか考え直さないといけないです。

しかしアセンブラはややこしすぎ_| ̄|○
もっともVC++もめちゃくちゃわけわかんないですけどね・・・

PICプログラミングに心を奪われて
583系の方向幕の入札忘れました_| ̄|○

鬱打氏脳

バーチャルATS目覚し時計 シェアウェア版
今現在も開発中です。
EPSON PC-586では辛いので動作を軽くするオプションを取り付けました。
それでも動作時はかなり重いですけど・・・
1.「ATSベルとチャイムを同時に鳴らさない」
古いサウンドボード対策&好み対策です。
2.「視覚効果を減らす(旧型PCをご利用の方)」
単純に負荷を減らす目的で取り付けました。
公開まで1ヶ月をみています。それまでお待ちください。
ベクター公開前にこっちで公開するかもしれません。

ATS音源パック
上記のソフトの公開に時間がかかりそうなので
サウンドが入ったZIPデータをそのうち公開します。
古いPCだと高音質版はうまくならないことが判明したのも
ATS音源パックを用意する理由の一つです。

転載規定の変更
ベクター掲載の関係で一切禁止から許可制に変更しようと思います。
「ベクターはいいのかYO!!(プンスカ」
とかになるとややこしいので(笑
アーカイブと配布ページの転載規定が更新されるまでお待ちください。
旧アーカイブは転載禁止です。
ただしATS音源パックは単体での転載は禁止する予定です。

ヤフオク
24V仕様のATSベルとチャイムのセットをめぐって
他人から見ると「バカじゃねえの??」という価格まで
あらゆる手を使って殴りあいました結局負けました\(^o^)/
次に出品されるのはいつのことやら・・・

PC-6001が届きましたがしゃべりませんでした。
しゃべるのはmk-IIでした_| ̄|○
一応動作するのでコレクション入りです。

HTML convert time: 0.158 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp