2008 年 10 月 5 日

FDDのREADY回路の製作

カテゴリー: パソコン, 日記 — わぴこ @ 2:43 AM

AT互換機のFDDをPC-98x1やPC-x86シリーズで使用する研究です。

実はFD-BIOSを乗っ取ってAT風にアクセスすれば楽なのですが・・・
ついでにDOSのドライバと窓のドライバも用意しないといけません。
この方法はアセンブラとかが出来ないとだめなので私には無理です。
どうしてもハードウェアから攻めるしかないのです_| ̄|○

AT互換機のFDDにはREADYを搭載していないものが多いのであるので
READYを用意してあげないといけません。

当初Diskchangeから作ることを考えましたが
どうにもうまくいかなかったのでFDDを改造するのを
前提にREADY生成回路を作ることにしました。

金曜日の夜から設計に6時間以上製作に3時間以上を費やす大作となりました。
今回はフリーソフトの回路シミュレーターを利用しました。
動作を調べたところREADYはDSとともにアクティブになりますが
メディア交換時にはREADYがDSに遅れてアクティブになります。
常に遅延させると「ディスクの準備ができていません」とDOSに怒られるので
メディア交換時だけ遅らせないといけません。
メディアを入っていない状態をラッチする方向で組みました。

それをふまえて組むわけですが何しろ回路は初心者、
うまくいくはずがありません。
perlで条件を書くのは楽ですが
if($SWF == 1 && $DS == 0){&delay;}
elsif ($SWF == 0 && $DS == 0){&ready;}
else {$busy;}
これをハードだけで組むのは至難の業です。

さらに大変なのは遅延回路です。一番時間がかかりました_| ̄|○
結局調べてもよく分からなかったのでネットの回路図を参考に適当に組みました。

基本部分をシミュレーターで何回もテストしてから組み立てに・・・
手探りなのでなかなかうまくいかずに結局完成したのが
22時過ぎでした。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
テストに使用したD353M3がはんだ付けミスでお亡くなりになりました_| ̄|○
超器用なら復活できるかもしれませんが私には無理です。

写真です。デバッグ用にLEDが大量にほしいです。
(回路図は間違っていたので消しました。)
早速PALに書き込んで変換基板の回路図をつけて売りまくるとしましょう!!
これにてPC-98部品の転売屋脂肪!!

といっても書き込む機械も何も持ってないので無理ですが(笑

次は2DDの読み書きに挑戦ですがたぶんだめだと思います。
これだけはどうにもならないかも・・・
情報集めないとなあ。

2008 年 9 月 29 日

鼻血

カテゴリー: パソコン, 日記, 無線 — わぴこ @ 2:08 AM

数ヶ月ぶりに鼻血が出ました_| ̄|○
くしゃみをしたときに出たものと思われますが
しばらく気づかずに血の痕跡を少しばら撒いてました_| ̄|○

せっかくの機会なのでつけペンで血で絵を描いてみました(ぉぃ
いい色じゃあないですね。
ペン先を傷める可能性があるのでよい子は真似しないように・・・

これから冬になると鼻血が出る機会が増えるので鬱です。

のっぺらボード(もどき)製作
というわけで外付けFDDの2HD/2DD自動切換えボード
某所でのっぺらボードと呼ばれているものを試作しました。
今回はじめてブレッドボードで製作しました。
だってはんだ付けめんどくさいし、とりあえずお試しなので(笑
もちろん製品化する予定もありません。

というわけで部品が届いてから速攻で作業開始。
まずはLANケーブルを切ってジャンパーを作成。
なんといってもこれが無いと配線できません 。
次にCバスから信号を持ってくるためにIF-2771を出してきました。
このボードは小亀(笑)がのせられるようにCバスの線が出ています。
いざ組み立て開始~~何度もICを選びなおしました。
ブレッドボードで事足りるような回路を組まないといけないので
苦労しましたがやっぱり足りないのでICソケットを使って空中配線することに。
それが裏目に出ました_| ̄|○
74LS240がパシッという音とともに焦げ臭い臭いが・・・
電源逆さしによって燃えました(´・ω・`)ショボン
74LS240は現時刻を持って破棄
なんとかICとトランジスタで組み上げました。

ジャンパーの嵐です。

いざテスト・・・あれっ??
予想通り動きません(*゚∀゚)アヒャヒャヒャ㌧㌦㌧㌦
まずはMS-DOSのDEBUGを使ってテストです。
-O BE 2
00BEhをいじってやると反応を示しますがデータを拾ってくれません。
ためしにデータ入力部を接地して00BEhにデータを送ると2DDモードになりました。
うちにはオシロが無いのでテスターだけがたよりです。
どうもNOT回路に使用したトランジスタがだめだということに行き着いたので
空中配線で74LS05を接続すると何とか動作するようになりました。

PC-486MUとFD-1135Dでテストしました。
使えるものの早くも問題点が浮上_| ̄|○
切り替え動作が遅いのでPCとのタイミングがずれるみたいです。
2DDで読みに行って失敗->2HDに切り替わるものの
ヘッドがカチカチいってディスクから起動できません。
切り替えが遅いのでアクセス途中でモードが切り替わる形に
なっているためだからと思われます。
2DDの外付けから起動するとなぜか外付けの2HDのディスクが読めなくなる。
原因はわかりませんが前もそんな症状があったことがあったような・・・
このシリーズのマシンはそういう仕様なのかもしれません。
MS-DOS6.2のせいかも・・・今回は6.2のFDだけでテストしているので。

動作が遅いのは回路の組み立てがいいかげんだからと思われます。
ちゃんとはんだ付けして配線が短くなるようにしないとだめですね。

実装とは違いますけど回路図

X-700H
最近オクで見かけるようになりましたけど送料がべらぼうに高いので
5000円以下でないと買う気にはならないです。
多分送料だけで5000円を下回ることは無いでしょう。

FDCに関する俺様メモ
2HDアクセス
00BEh 1B 00011011
0094h 54 01010100
00CCh FF 11111111
2DDアクセス
00BEh 59 00011001
0094h 54 01010100
00CCh FF 11111111

00CCはFF 11111111のまま変化しなかったので
2HDのFDで起動した場合は1MBのポートを使いつづける模様。
2DDのFDで起動した場合は00CChが使用されると推測できる。
別のマシンでテストしたところそうであった。

2008 年 7 月 3 日

さすがのC2Dでも・・・

カテゴリー: パソコン, 日記 — わぴこ @ 1:27 AM

さすがの処理速度を誇るCore2Duo T7250でもアプリを大量に立ち上げて
本格的にメモリがスワップしてくるととたんに反応が鈍くなりますね。
でもここ最近の強烈な散財でお金がなくなってしまったので
来月以降にしかメモリは増やせないでしょう。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
火狐もプニルもそれぞれ400MB以上喰ってますΣ(゚Д゚;エーッ!
標準のエクスプローラーも意外とメモリ喰いで100MB以上喰ってます。
参りましたヽ(´A`)ノ

ちなみにAHCIモードとATAモードを某ベンチで測ったらかなり差がありました。

オクでPC-486SEが56000円!!!
5600円の見間違いかと思いました。
(゚Д゚)ハァ? わたしゃそんなお宝持ってないですよ_| ̄|○
そーいえば高校時代の友達が持っていたかも・・・
PC-486MVなんて1000円くらいですから。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

EPSONといえばPC-286VSのCPUボードのスロットには
PC-386(機種忘れた。もちろん386SX搭載機)のCPUボードが乗ったりして(爆
BIOSをPC-286VSのものに乗せかえるとなんと起動します!!
でもコプロを使おうとするととたんに死ぬので実用にはなりませんけど(笑
(メモリサーバーのINSPECTを使ったときにそういう感じだったのでそう推測)
PC-286VSは引越しのときに処分したので今となっては確かめようが無いですが
ひまな方は試してにんまりしてください(笑

Wordpress 2.5.1
おお~~
アドバンスドツールバーがあるなんて知らなかったYO!!
おかげで文字に簡単に色がつけられるようになりました(笑

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.289 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp