2008 年 6 月 8 日

DELL inspiron 1525 Windows2000化

カテゴリー: パソコン, 日記 — わぴこ @ 1:56 AM

というわけでinspiron 1525をWindows2000で使う方法をメモしておきます。
また再インストールしたときのために記録を残しておかないと♪

まずはBIOS設定でSATAの設定をAHCI->ATAに変更
CDからWindows2000をインストール

ドライバはDELL inspiron 1520・1720のWindows2000用から調達

インテル純正のGM965 Expressのグラフィックドライバを利用したら
なぜかブルースクリーン・・・その場合はVGAやセーフモードで起動する。
グラフィックのドライバが無事に利用できるようになったら
アナログディスプレイ端子にモニタをつなぐことでデュアルディスプレイが利用可能。

HDD側のIDEコントローラーにSATA(AHCI)ドライバを強制的に導入。
再起動でBIOS設定をATA->AHCIに変更して起動->OK
DVDドライブ側を変更するとブルースクリーンで起動不可能になるので注意
DVDドライブはATAPI(EIDE)仕様の可能性あり??

サウンドドライバはなかなかインストールできないので粘るしかない。
ある日突然インストールできたので正確な殺り方は知らないです。
このドライバがインストールされないとモデムのドライバもインストールされない模様

有線LANは
Marvell Yukon 88E8040 PCI-E Fast Ethernet Controller
無線LANは
Intel(R) PRO/Wireless 3945ABG Network Connection [NoDB] PCI
落としたドライバをインストールするとよい。

USBも落としたドライバを使用すればよい。
サウスブリッジはICH8Mらしい。

サウンドドライバが鬼門なので真っ先にインストールしたほうがいいでしょう。
とりあえず必要なドライバをすべてインストールし終えてから
本格的な作業を開始することをお勧めします。
ドライバのインストールを後回しにすると
最悪取り返しのつかないことになる場合があるので気をつけてください。

これでCore2Duoによる次元の違う窓2Kの世界が味わえます。


Inspiron 1525

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.272 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp