2009 年 3 月 10 日

明日は小郡に突撃します

カテゴリー: CMC海賊版, サーバー運営, 日記, 鉄道 — わぴこ @ 10:37 PM

というわけで明日は小郡にふじぶさに乗りにいってきます。
14日の立席特急券(下関-大分)は無理だったので明日になりました。
EF66に引っ張ってもらうのが主目的なので問題はありません。

  

鉄道部品
スイッチの壊れている寝台灯を手に入れました。
   
スイッチは完全に破壊されていました。代わりの部品を手に入れて修理するしかないです。
スイッチは日本開閉器工業のHS-13Zが使えるみたいです???

サーバー
キーワードリンクシステムの高速化が実現できましたのでサーバーは元に戻しました。
これで当初のとおりCMC海賊版本来の画面になりました。
高速化というよりは低速だったのを修正したという感じです。

メイン機
Windows2000では限界を感じてきたのでWindowsXPに乗り換えました。
IMEの挙動が気に入らないのでずっと避けていたのですがそうもいっていられなくなったので・・・

俺様メモ
Iriaさんを使うとIEが文字化けする件
オプション設定->ブラウザ->クリック監視を解除
これでWindowsUpdateやようつべなどのページが化けなくなります。

2008 年 12 月 17 日

ATSチャイムの制御プログラム その2

カテゴリー: パソコン, 日記, 鉄道 — わぴこ @ 1:36 AM

というわけでGUIベースのプログラムを数日掛けて作りました。
ダイアログベースのMFCスケルトン??を元にぐぐりまくりました。
この辺の用語はVC(C)初心者なのでまったく分かりません。

まずは設定画面です。というか設定画面しかありません(爆
数値を入力してかえるという方法を試してみましたがうまくいきません (つД`)
とりあえずiniファイルを読み書きする機構をぐぐって取り付けました。
その後も数値変更のためにいろいろやってみるもことごとく失敗_| ̄|○
ふとリソースエディタを見てみるとスピンボタンなるものを(・∀・)ハケーン!!
早速試してみましたがエディットボックスとくっつかないのでプロジェクトごと破棄(爆

2回目はデザインからはじめました。
今度はスピンボタンの取り付けに成功。
いろいろやっているうちに悟りを開き
数値変更によるリアルタイム設定値更新はあきらめました。
OKボタンで設定更新をするようにしました。

次にATSの制御関係です。
基本的には前回書いたソースを移植しただけなので省略♪

OKボタンを押すと終了するのが気に食わないので抹殺しました。
ついでにATSテストボタンを追加しました(笑
一応完成しました。

しかしっ、動作させると操作を受け付けなくなることに気が付きました(爆
というわけでマルチスレッド化することに・・・
いったんはあきらめましたががんばってマルチスレッド化に成功しました(^^)v
まだまだ問題があります。終了処理です。
終了されるとバックグラウンドで動いているATS制御ルーチンが強制終了されます。
何の処理もしていないのでメモリリークすると思われます。
終了処理を変更しましたがこれがなかなかうまくいきませんでした。
ぐぐりまくって先ほど完成しました。

あとはアイコン化したいのですがそれはまた別の機会に・・・
まだソフト上にATS確認ボタンとかつけてみたいですし。
(本来はATS装置側に確認ボタンをつけますが
ソフト上にもテスト用に用意しておこうかと・・・)

部品を注文したので早く届かないかなあ・・・

俺様メモ
グローバル変数の設定
ヘッダーに
extern int ats_on;
本体(cpp)に
int ats_on;
と書くべし。

他のファイル?クラス?の変数などにアクセスする場合。
ATS::on -> X
ATS.on -> X
—————--
ATS ats;
ats.on -> OK

他の関数から戻り値が欲しいとき
int atskakunin(){
return (1);
}

void型はだめかも??? void以外だと戻り値必須???

2008 年 12 月 8 日

VFXが壊れてました_| ̄|○

カテゴリー: シンセサイザー, 日記, 鉄道 — わぴこ @ 1:51 AM

久しぶりにensoniq VFXを引っ張り出してきました。
TMNのRHYTHM REDライブの影響です。
ちなみに初めて買ったTMのビデオテープです。
EOSで弾いているブラス・アコピ・サックスがVFXの音に聴こえました。
一部のアコピはYAMAHちっくな音ですが・・・
Tomorrow Made NewなんてVFX大活躍ですYO。

さっそく弾いてみました。ついでに音色をEDITしましたが
電源を切ると忘れるみたいでデフォルトに戻るために分解。


この基板ならラックマウントも不可ではないですね。
まあキーボードやディスプレイやボタンなしで動作すればの話ですが(笑

改造したときに使った電池ホルダーの接触不良が原因でした。
しかし・・・特定の音色だけしつこく壊れます_| ̄|○
どうやらRAMが不良みたいです。オワタ\(^o^)/

INT4とINT9の下側だけ内容が破壊されます。・゜・(ノД`)・゜・。 うえええん

俺様メモ
VFXのEDIT方法♪
マニュアルを持っていないので書き留めておこうっと・・・
音色を選ぶ->Copyボタン->MAKE COPY->Copyボタン->RECALL ->
実際にEDIT->セーブ
セーブ方法はWrite->Soundsをホールドしたままバンクを選ぶ->
Soundsをホールドしたまま音色の場所ボタンを押すとセーブ


ERJ TMN/WORLD’S END Rhythm Red Live

ATS制御基板の製作
最初にして最大の難関がリレーの選択です_| ̄|○
DC100Vなもので安全を考えると安くていいものがありません。
AC100Vなら適当に選んでもOKなのですが_| ̄|○
AC100VならSSRという選択肢も出てきますし・・・
というわけでまだ部品の注文もしていません。

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.164 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp