2010 年 2 月 8 日

Lunaを作った人は神!!

カテゴリー: パソコン — わぴこ @ 1:27 AM

最近終末論が囁かれているTWですが・・・
TWの画像ビューワーLunaはすごいですね~~
テチもナヤもピンも抜き出せますね。PNGじゃなくてBMPで保存できれば最高ですが。
私もテクスチャからBMPに変換するプログラムを組もうとしてみたのですが
dtx.zipを解凍したところで詰みました。この先どうすればいいねん。・゚・(ノД`)・゚・。
とりあえずLunaで取り出して加工すれば無敵ですね。めんどくさいですけど。
動かすのも大変そうです。という私の腕では自在に動かすのは無理かも・・・
アニメーションGIFなら透過が出来るのでそれくらいなら何とかなるかも??

久しぶりにパソコン屋に行ってきました。
eeePC 4G-Xが14800円!!! な、なんだってーーー!!!
でも4G-Xなのでやめました(´・ω・`)ショボン 701SD-Xなら買ってました(笑
いやーームラマサのHDDも年末に壊れてしまったのでSSDなマシンが欲しいのですよ。
出来れば激安で(笑)どうせ手荒に扱うので高いのは嫌です。

今日の俺様メモ
1.TWのdtx.zipは最初の4バイトを削ってzlibでuncompressすれば生のデータが出てくる。
 その先どうすれば画像データとして取り出せるのかは不明。

2.0x0000007Bで窓が起動しなくなったときの最後の対処法。
真似すると最悪全データ破壊もありうるので真似しないように。
回復コンソールで不正なドライバのファイルをリネームして正しいドライバを当該ドライバの名前でコピー
該当するドライバはlistsvcあたりで探すと(・∀・) イイ!!
今回はmv61xx.sysが原因で起動しなくなったのでこれを標準IDEドライバ(atapi.sys)に変更
mv61xx.sys -> mv61xx.sys.bak
atapi.sysをmv61xx.sysとしてコピー
で再起動
起動に成功するも設定が全然違うのでめちゃくちゃ遅い。データ破壊は起きていない模様。
起動したところで標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラに変更。
ドライバが複数のファイルで構成されていたらどうなるのだろうか??
ゲームで絵とか音楽を差し替えるのに良く使う手法だけどこんなところで使えるとは・・・

なぜこんなことが出来るか分からない人に解説♪
窓さんは直接ハードディスクコントローラさんとお話できません。
ハードディスクコントローラさんの言葉もハードディスクコントローラさんの居場所もわからないからです。
そこでデバイスドライバさんに仲介を頼むわけです。
ドライバさんは皆窓語とそれぞれの担当デバイス語を話せます。担当デバイスの居場所も知ってます。
窓さんは居場所が分かり言葉が通じるドライバさんに仲介を頼むわけです。
mv61xx.sysもatapi.sysも窓さんと話すときは共通の言葉を使うので
atapi.sysがmv61xx.sysになりすましてもOKなわけです。
簡単に言うとそういうことです。

HTML convert time: 0.159 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp