2008 年 3 月 27 日

NJM2082Dアヒャ━(゚∀゚)━!!!!

カテゴリー: 日記 — わぴこ @ 10:46 PM

部品が届いたのでテストしました。
主なものだけテストしました。
途中OPA2350PAが花火のように一瞬だけ鳴って
ノイズと共に散っていきました。・゚・(ノД`)・゚・。
めちゃくちゃ高かったのにヽ(`Д´)ノウワァァン!!
あわててデータシートを探して読んだところ
原因ははっきりとはわかりませんが多分電源電圧が
高すぎたのが原因だと思われます。

肝心のNJM2082Dですが速攻で発振しました_| ̄|○
OPA2604APやLM4562でさえめったに発振しなかったというのに
こいつだけはちょっとした変化で即発振します。
出力抵抗数オームでは歯が立たなかったので
結局入力抵抗と出力抵抗をそれぞれ1KΩにして解決。
音ですが(*゚∀゚)アヒャヒャヒャな音が出ます。
一言でいえば「おかしいですよ!!カテジナさん!!」みたいな・・・
小室系90'sJ-POP等再生すると独特の重低音がでます。
まあ4558系の回路はなんとなく重低音傾向があるみたいですが・・・
ということはJD-800などにのせた日には(*゚∀゚)アヒャヒャヒャ
でもはっきりと認識できるほど歪んでます。
回路の不具合かヘッドフォンの限界かは分かりません。
ためしにJD-800をつないでみました。
低音にいくにしたがって(*゚∀゚)アヒャヒャヒャな音になりました。
高音が少し弱くなった気が・・・もしかしてこれは・・・
JV-880キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━????

でも残念ながら低域がスカスカな曲は持ち上げてくれません。
あと中身の詰まっていない低音も持ち上げてくれません。
独特な低音なのでJV-880好きな人以外にはおすすめできません。
素直にEQとかを使いましょう。

結論は・・・2082はMADな(太い?)音が出る・・・でした(笑
ある意味最強のオペアンプです。
もっとも音場については一切検証してません(爆

というわけで私はNJM2082Dを採用することにしましたとさ。
歪まなければいうこと無いんですけどねえ・・・

NJM4559Dもこんな感じの音がしました。
回路自体は4558の系統なので似たような音が出るのかもしれません。

なあに、オペアンプなんてもんはそのときの勢いで決めるモンです。
音に正解というものはないのであなただけのオペアンプを探してみましょう。

私はピュアオーディオとは無縁の人間なのでそんな話をされても
レスに困りますのでその手のコメントはご遠慮ください(笑

HTML convert time: 0.160 sec. Powered by WordPress ME
powerd by ddo.jp